月別アーカイブ: 2017年6月

保険調査員の仕事について

こないだ久しぶりに学生時代の友人に会って、保険調査員の仕事について話をしたら、「なんだかマンガの主人公みたいだな」と言われましたが、確かに少しはそんなところがあるかもしれません。

推理小説やサスペンスなどが昔から好きで、最近も「22年目の告白 -私が殺人犯です-」ってやつを読みましたがかなりおもしろかったです。
まさかあんな理由だったとは、、、ちょっとだけ途中で気づきましたが、それももしかしたら保険調査員の仕事をやっていたからかもしれません。
怪しいなと思ったのは200万部を目指すというところで、これには何か違う目的があるのではと勘付いてしまいました。

話はちょっと脱線してしまいましたが、というのも事故原因調査の中で当事者からの話を聞くと大抵は本当のことをいきなりしゃべってはくれません。
相手の方からぶつかってきた、こっちの信号は青だった、自転車がスマホ見ながら運転していた、など都合の良いように話します。
そして相手方に話を聞くと、向こうからぶつかってきた、向こうの信号は赤だった、スマホを見ながら運転していたわけではない、といった回答が返ってきます。
いっそのこと当事者同士で話をつけてくれと思いますが、それを言ってしまったら保険調査員の仕事は務まりません。
お互いの話を聞いた上で依頼者である損害保険会社にレポートを提出しますが、「100:0」「50:50」のような過失割合もある程度算出することもあります。
先輩が昔担当した仕事の中には、運転者が覚せい剤を使用して事故を起こして、同乗者が身代りになったというものもありました。
こういった場合は警察と連携して尿検査や防犯カメラによるチェック、同乗者への聞き取りなどでウソを見抜いていくことになります。最近はドライブレコーダーがあるのでだいぶ助かっていますが。
基本的に人を疑う仕事なのでストレスは溜まるかもしれません。

保険調査員の仕事には「事故原因調査」「モラル調査」の2つがあって、最初は事故原因調査から慣れていって、ある程度数をこなすと単価が高いモラル調査を任されることになります。保険金の偽装請求とか自殺調査ですね。
自分もようやく生命保険の調査をさせてもらえるようになりましたが、死亡保険の場合は6ヶ月間の免責期間があるので加入して間もないうちに自殺と断定されると保険金が出ません。
ただ、事故による死亡であれば保険金が出ます。遺族にとっては数千万円を受け取れるかどうか、反対に保険会社にとっては数千万円を払わずに済むかどうか、の違いになるのでかなり大きいです。
慎重にならなくてはいけませんが、遺族が遺書(ブログ、ツイッターなども)を隠していないか、会社や交際関係でトラブルなどは無かったか、病気をしていなかったか、などを調査していくことになります。
関西では遺産や保険金を目当てにした殺人事件もありましたが、京都府警の捜査員の機転によって一連の事件が明るみになったようですね。
確かに結婚後1ヶ月後に亡くなって、多額の保険金がかけられていたのであれば高齢とはいえかなり怪しいです。

この仕事に転職した時によく先輩に言われたのが、調査とは「re-search」であるということ。つまりもう一度調べ直すということなのですが、収入は1枚のレポートあたりで決まります。効率的に調査することも大切ですが、1つ1つの案件を丁寧に調べ直すことが大切だと感じています。

保険調査員とは? 教えて!goo
損害保険リサーチ