生命保険の調査員になって

トラック運転手だったころに事故にあって、そこで自動車保険(損保)の調査員の人と仲良くなってこの仕事を始めました。本当は該当者と仲良くなってはいけないんですけど、なんか気が合って調査が終わってから飲みに行くようになりました。相手方の言い分のおかしいところを的確に論破していって、結局9対1の過失割合にしてくれましたからね。そういうところが気にいってその人自身に興味を持ってしまったわけです。

それで派遣会社に登録して、まずは損保系の調査補助をする仕事に転職しました。そこでは自動車事故の現場検証などを行って過失割合を決めたり、相手方に飲酒がないかどうか、変な話になりますが危ないクスリをやっていないか、合法的な医薬品でも眠くなる成分が入っているものを飲んでいないかなど、どんな過失があるのかないのか徹底的に1つ1つしらみ潰しに調べていきます。

そこで2年ほど働いて正社員に登用されたのですが、正社員になると休日出勤も当たり前で報告書を書くために毎日深夜までサービス残業。正社員になると固定給+歩合給になるので、契約社員と違って時給ではないんですよねー 年収は200万円ほど増えましたが、家族と一緒に過ごす時間も無くなってしまったので比較的落ち着いて仕事ができる生保系の調査会社に転職したわけです。

損保の時は車内で血がついた跡などを見ることもありましたが、生保の場合は基本的に人が亡くなっているケースがほとんどです。そのため死亡診断書を書いている病院の先生とも仲良くなる必要がありますし、疑問に思ったことを質問しなければいけないのである程度の医学的知識も身についてきました。例えばお風呂で亡くなっていた場合、心筋梗塞で無くなったのか、がんの持病があってそれに伴う死亡なのかで保険金の給付額も変わってきます。給付金はいらないからと言って解剖を望まない遺族の方もいらっしゃいますが、、、

共同通信-2016年生命保険保全手続満足度調査

保険金請求の満足度は毎年調査されてランキングされます。この調査によって加入者も増減するため、保険調査員も迅速な対応を行って基本的に2日以内にレポートを提出する必要があります。フットワークの軽さも大事ですねー